« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

3月のスケジュールと花粉症

やっと暖かくなりました。

暖かくなったとたん、花粉症のお客様でてんてこ舞いです。

病気で季節を知る・・・・何とも漢方薬局らしい風景です(苦笑)

花粉症でシーズンの一番初めの「くしゃみ」は軽い風邪で起き、各症状が出ます。

その中で「冷え」てむくみやすい体質の人が、こじれてひどくなっていきます。

花粉症でグシャグシャになってから治すよりも、体質改善・予防に力を入れたほうが賢明です。

3月のスケジュールは以下の通りです。

17日午後1時より  錦町市民センター 「お薬の話し」の講演60分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

営養学について

先日、地元の学校保健大会で講師をしてきました。

「もうひとつの“営”養学」という題で話しました。

営養学とは漢方の食養生学のことで、

現代栄養学とは全く違います。

営養学は漢方の基礎理論をもとに、食品を分類したり、

その人に合う、合わない食物を考えたりする学問です。

昨今、ブームになっている「ショウガ」が体を温めると言うことも

この営養学の理論です。

ちなみに全ての食べ物は、温性・平性・冷性に分けられます。

ショウガは温性で、食べるとスッ-として冷えた感じがするハッカは冷性です。

そのどちらでも無いものが平性となります。

この振幅が大きいもの、つまり温める力がより強いものや

冷やす力がより強いものが「薬」となります。

ショウガは食べ物の中では温める力が強いほうですが、

薬の中では生ショウガは、やや温めるぐらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »