« ブログ デビュー | トップページ | 漢方の優れているところ1 »

2009年10月27日 (火)

インフルエンザに麻黄湯?

インフルエンザに漢方薬の麻黄湯が効くとして処方されたり、
販売されたりしているようです。

私はこのことに大いに疑問を持ちます。・・というより止めて欲しいと。

まず麻黄湯は2000年前に書かれた傷寒論という書籍に出てくる漢方薬で、
素晴らしい薬です。とても良く効きます。
ところが漢方薬の原則として、麻黄湯が効くパターンというものがあり
それは大まかに言えば、
「寒気がして発熱し、体の節々が痛くて、汗をかいていないもの」です。
このパターンなら風邪でもインフルエンザでも、とても有効な薬です。
服薬後、速やかに汗が出て、ぐっすりと眠れて
目覚めたときにはスッキリとなります。

それ以外のパターンに使えば、効かないばかりでなく、
副作用(というより使い間違い)が出る恐れがあります。
だから誰でもいいのではありません。
ましてや予防などには絶対に使えません。

漢方もひとつの科学です。学問です。
漢方の考え方で診断し、投薬しないといけません。

気をつけましょう。

|

« ブログ デビュー | トップページ | 漢方の優れているところ1 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザに麻黄湯?:

« ブログ デビュー | トップページ | 漢方の優れているところ1 »